Skip to main content

Adobe PDF Services APIという存在を完璧に忘れていた

· 3 min read

Adobe のサービスを完全に忘れていた。 というかこういうのがあることを知らなかった。

https://www.adobe.io/apis/documentcloud/dcsdk/

developers 向けの API/SDK を販売?しているっぽい。

サービスのラインナップは下記になっています。

Screen Shot 2021-12-02 at 19 16 44

前回紹介したサービスのように今すぐトライアルができます

PDF から文章を抜き出すサービス、Word と json をマージして PDF を作成できるサービス、Embed の 3 つのサービスで非常にわかりやすい nodejs, java, .NET, python, REST API など各種のサポートもある様子

npm は @adobe/pdfservices-node-sdk で利用可能


各種サービスのドキュメントは下記からアクセス可能 https://documentcloud.adobe.com/document-services/index.html よく見たらそれ以外の PDF の OCR や Compress などもあるみたい

例えば Document Generation のドキュメメント https://www.adobe.io/apis/documentcloud/dcsdk/docs.html?view=docgen-quickstarts

Embed(Viewer)のドキュメント https://www.adobe.io/apis/documentcloud/dcsdk/docs.html?view=view

ドキュメントがいろいろあるように見えるけど、ドキュメントのルートはここかな? https://www.adobe.io/apis/documentcloud/dcsdk/docs.html


ドキュメント生成の demo https://documentcloud.adobe.com/dc-docgen-playground/index.html#/

Viewer の demo https://documentcloud.adobe.com/view-sdk-demo/index.html#/view/FULL_WINDOW/Bodea%20Brochure.pdf


form のデザイナーはなさそうだが、word と json のマージや Viewer はいけてる感じがした。

値段は下記 https://www.adobe.io/apis/documentcloud/dcsdk/pdf-pricing.html

Viewer はなんと無料 Adobe PDF Services API はトランザクションごとに$0.05=5.65 円

ここにきてまさか本家にこんなにいいサービスがあるとは... でもなんでだろう誰周りで使っている人を知らない...

事実 npm のダウンロード数もあまりない https://www.npmjs.com/package/@adobe/pdfservices-node-sdk

明らかに過小評価だと思うけど、OSS じゃないからなのかフリーミアムじゃないからなのか SEO とかもっとちゃんとすればもっと使われてもいいはず

まだ使っていないのでなんとも言えないが良い部分は参考にしつつ、使われていない事実があるのでその理由も探っていく必要がありそう


この画像まさに自分が作りたかったやつだ

Screen Shot 2021-12-02 at 20 30 14

下記は labelmake のトップ画像 readme-top