Skip to main content

競合からヒントを得て成長に繋げる

· 4 min read

似ているサービスやサイトよりも、いいサービスやわかりやすい情報が提供できていればユーザーは自分のサービスを好きになってくれるはず。

競合を調べてそこからヒントを得る方法をまとめる

競合を発見する

基本的に自分のサイトが集客しているページやクエリから調べると競合が見つかるかも。 競合を持つことはすごく大事。

競合がいるということはマーケットがあるということ。むしろ競合がいないというのはいない理由が存在するのでニッチすぎる可能性もある。

サーチコンソールからパフォーマンス>サーチリザルトを開いて、インプレッション数でソートするとか。

CleanShot20220326at160546@2x

競合を確認する。

ここで自分よりも上位表示されているページよりもいいページを作って検索順位を改善するのもいいでしょう。 しかしこの記事では競合が持っているキーワードから新しいコンテンツを自分も作るということをします。

自分のサービスの強みを活かせそうなキーワードで検索した方がいいです。

そこで競合を見つけて、ドメインを控えておきます。

競合を知る

下記のツールに競合サイトのドメインを入れると

こんな感じでどんなキーワードでユーザーを集めているかわかります。

このキーワードを使ってアクションを考えることができるはず。 競合がユーザーを集めているキーワードが分かれば、自分がもっといいものを提供すればいいだけです。

さらに競合が獲得しているキーワードが分かればさらにそこから競合の競合という形でコンテンツを広げることができます。

コンテンツを作る

コンテンツを作る際に類似キーワードや検索ボリュームを一応把握しておきましょう。 基本的には競合が使っているキーワードで問題ないですが、さらにいいキーワードがある可能性があります。

0からコンテンツを作るよりもライバルとなるコンテンツがわかっているので作業がしやすいはず。 競合が持っていないものを提供してユーザーを喜ばせよう。