Skip to main content

無作為に作成した記事の「重複コンテンツ」としての対処法

· 3 min read

過去に適当に作成した記事がおそらく同じ検索クエリでインデックスされた場合にどのように対応するかを調べた。

リライトを進める中で「封筒宛名」のクエリでリライトが必要な記事が2つあった。 これらをリライトするにも正直2つも同じ様な内容で書くことが難しいなと思った。

そもそもかなり前に適当に作成した記事だったので統合した方がいいのでは?と思い、どの様な対応を行うか調べた。

参考

  • 重複コンテンツの作成を避ける 対応の選択肢

    • 301 を使用する
    • 一貫性を保つ
    • トップレベル ドメインを使用する
    • シンジケーションは注意して行う
    • 定型文の繰り返しをできるだけ少なくする
    • スタブを公開しないようにする
    • コンテンツ管理システムについて理解する
    • 類似するコンテンツをできるだけ少なくする
  • 重複した URL を統合する

    • rel=canonical linkタグ
    • rel=canonical HTTP ヘッダー
    • サイトマップ
    • 301 リダイレクト
      • 廃止する URL に 301 リダイレクトを使用する
      • サーバー側の 301 リダイレクトは、ユーザーと検索エンジンを確実に正しいページに誘導する最善の方法です。ステータス コード 301 は、ページが別の場所に完全に移転したことを意味します。
    • ページの AMP バージョン

どの対応を行うか

今回のケースだとcanonicalというよりは、適当に書いたページがバラバラとあるのが問題で、 どれか1つ、ちゃんと書いた記事にインデックスして欲しい。 そのため、301リダイレクトを使ってちゃんと書いた記事に飛ばして、ユーザーに満足してもらうというのが正しい対応だと思う。

元記事は適当に書いているので廃止ということで問題ない。

301リダイレクトについて

301リダイレクト

https://seolaboratory.jp/36604/

アドレス変更ツール

リダイレクトチェック


netlifyでのリダイレクトの方法

https://blog.microcms.io/netlify-redirect/

https://docs.netlify.com/routing/redirects/